如月.com

開拓者の血が入った20歳男性の企画、紹介、雑記ブログ。雑記!!

理美容師の職業病「手荒れ」がガチでシャレにならない

 

f:id:kisalagi_jp:20181112214334j:image

 

皆さんこんばんは、如月です

 

 

いきなりのグロ写真、失礼します

 

 

これは今の如月の右人差し指です。

 

皮膚の内側に水疱ができ、破けて汁が出続けてる状態です

 

 

 

 

という事で、インパクトは上々!

今回の記事は理美容師(だけではないけど)の職業病!!

 

「手荒れ」

 

についてです!!

 

 

 

_______________________________

目次

 

1.手荒れをする季節

 

 

 

2.治し方

 

 

 

3.最後に

________________________________

 

 

 

1.手荒れをする季節

 

 

 

 

一般的には「手荒れ」と聞けば

 

皆さんはいつ頃を想像しますか??

 

 

恐らく「春先」か「秋、冬」だと思います

 

 

 

 

理美容師(あくまでも如月と、如月の周りで)は

 

 

「酷い人は1年中」

 

手荒れに悩まされます

(冬に少しだけなる人とかもいます)

 

 

人それぞれ個人差はありますが

如月は前者の「一年中タイプ」です

 

 

 

 

 

しかも更に「2タイプ」に分かれます

 

 

 

 

 

 

・乾燥の少ない季節(5月〜10月)

f:id:kisalagi_jp:20181112215708j:image
f:id:kisalagi_jp:20181112215703j:image

1番最初の写真と同じ様な症状です

f:id:kisalagi_jp:20181112220204j:image
f:id:kisalagi_jp:20181112220211j:image

 

皮膚の下に水疱ができて破裂、汁が出てそこの皮膚がボロボロ、もしくはむき出しになって常に激痛が襲います

 

 

 

 

何かに軽く触れるのも痛い

 

 

タオルを畳む時も痛い(畳む時間遅くなる)

 

 

物も強く掴めないので良く落とす

 

 

ポッケに手を入れられない(皮膚がむき出しなので布にダイレクトに擦れて超痛い)

 

 

などなど、湿ってる時はとにかく超痛いです。

 

(深夜に猛烈な痒みで起きて搔きむしり、更に悪化もする。寝不足にもなるし朝起きてシーツも血みどろ)

 

 

 

じゃあ、むき出しの皮膚の所が乾けば一件落着ではないのか??

 

 

 

残念ですが乾燥しても厄介です

 

乾燥した皮膚の上にかさぶたが張ると

f:id:kisalagi_jp:20181112220504j:image

 

指が曲がらなくなったり

 

 

かさぶたに衝撃が加わると

 

更に裂けます

 

出血し、更に柔らかい皮膚からまた

「裂傷」が広がって行きます

 

水疱ができる→破裂する→かさぶたできる→裂ける→治りかける→水疱…

 

 

エンドレスループです

 

 

 

 

 

 

・乾燥する季節(11月〜4月)f:id:kisalagi_jp:20181112221202j:image

 

指の外側が乾燥により裂けます

 

カラー剤はもちろん、パーマ液

シャンプーすら沁みて超痛いです

 

皮膚が引っ張られてる状態なので指の可動域も狭まり完全に拳を握る事が出来なくなります(7、8割くらいの所で突っ張る)

 

そして、季節の変わり目にはこの両方の症状が同時にきます

 

精神的にもかなりキます

 

 

 

 

 

 

 

2.治し方

 

こんなに大変な手荒れ。

 

治す方法を皮膚科の先生に聞くと

 

 

 

「仕事辞めなきゃ治らない」

 

との事。まぁ、本当にそうなんですよね

 

薬を服用してもまた再発しますし、乾燥させないように手袋をして寝ても荒れるものは荒れます

 

 

 

 

 

3.最後に

 

まだ手荒れしていなかった一年目の如月は「手荒れ」で仕事を辞める人達が理解できなかった

 

 

 

「そんなしょぼい理由で」

 

とすら思ってました

 

ですがいざ自分がなってみて思いました

 

 

 

 

手荒れマジでヤベェ

 

日常生活に尋常じゃないくらい支障をきたします

 

 

本当に恐ろしいものです

 

 

 

皆さんも自身の「手」は大事にしてください